大阪の家屋解体やビル解体などの解体工事はぜひ当社にご相談ください。

ナビゲーション

HOME > 調査・測量 滅失登記 造成工事

調査・測量 滅失登記 造成工事

調査・測量

調査・測量とは、国土の実態や状態、位置などを調査し、測ることをいいます。
地球上の諸点の相対位置を定め、地形・地物を縮尺化表現図示して地図や図面を作り、数値や図面で表された諸点の関係位置を現地に設定する作業や技術の事をいいます。

実際の作業として説明しますと対象地域の資料調査から始まり、現地の測量、測量した結果と事前資料との調整計算、調整結果の現地への表示、関係対象との協議、図面の作成などを含めてすべてが測量です。

土地の境界線がわからない場合や解体工事後の宅地や建物の新築や増改築の際にお役だてください。

ページトップへ戻る▲

滅失登記

建物や家屋の解体工事が完了したあとは1ヶ月以内に滅失登記を行ない、法務局の登記簿上からその建物が存在しなくなったことを登記をしなければなりません。

滅失登記は法律で義務付けられており、登記の申請を怠った場合には、10万円以下の過料に処されることがありますのでご注意ください。建物滅失登記に関する手続きは専門的な知識も要します。

当社では、滅失登記手続きに関するアドバイスなども行っておりますので、お気軽にご相談ください。

滅失登記を行うにあたり必要な書類
  • 登記申請書 (2枚必要、1つは副本用)
  • 取毀し証明書
  • 解体業者の印鑑証明書
  • 解体業者の資格証明書又は会社謄本
  • 住宅地図(地図が手元に無いときは法務局にもあります)

ページトップへ戻る▲

造成工事

当社では解体工事後の造成工事業務も行っております。
造成工事とは、ビルやマンション、駐車場など新しく建物を建設する際に必要となる工事のことで、土砂の搬入搬出をともなう工事です。 建築する建物が傾いたりしないよう、しっかりとした土台を作ります。

また造成工事は、建築する建物の種類や目的により内容が異なってきます。
内容や目的に合わせ、最適なご提案をいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る▲

大阪の解体工事、アスベスト除去工事のことなら解体工事のTATSUMI

対応エリア:大阪、京都、奈良、和歌山、兵庫、滋賀、関西全域対応いたします。その他エリアでも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

施工例

お問い合わせ。当サイトへのご質問などはこちら

【運営会社】
有限会社 巽産業

〒541-0048
大阪府大阪市中央区瓦町
3-2-16 セントラルビル2F

info@ttm-co.jp
お電話によるお問い合わせは06-6232-0302
FAXによるお問い合わせは06-6232-0303

解体職員さんを募集致しております。

Copyright © 解体工事のTATSUMI. All Rights Reserved.
SEO対策 大阪  住宅リフォーム